【上信電鉄】「SEIBU801F&JOSHIN153F 50TH ANNIVERSARY TRAIN ~上信153編成(元西武801編成)製造50周年記念列車~」運行当日のレポート

こんにちは。北陸の食パンです。

春分の日前後は寒い日々が続きましたが、その後一気にあったかくなったせいか、都内や家の周辺でも桜が咲き誇っていましたね。今年はちょっと早い開花ということで、4月に入ってから散り始めるのではという予想も出ております。

今がちょうどお花見の季節なんですけど、人生で一度もお花見したことない奴です。はい。

さて、今回は以前より告知しておりました上信電鉄での貸切列車イベント【SEIBU801F&JOSHIN153F 50TH ANNIVERSARY TRAIN ~上信153編成(元西武801編成)製造50周年記念列車~】の当日の様子をレポートさせていただきます。


2018年3月24日土曜日、構想半年をかけて練った上信電鉄の貸切列車イベントがついに本番を迎えた。

本番を前に勉強会や幹事が集まった準備作業などを経て、そして一度は危ぶまれた開催中止の危機を乗り越えて当日を迎えることとなった。

当日は、家を4:30過ぎに出て各所で幹事メンバーを拾い、8:30前に高崎に到着。

高速で渋滞につかまったり、前方を走っていた車が事故っていたりするなどのハプニングもあったが、無事に上信電鉄本社にたどり着くことができた。

到着後、すぐに荷卸しをし、最終の打ち合わせを開始する。本来ならば、本番前に一度上信電鉄本社に足を運ぶべきであったが、諸般の事情で足を運ぶことができず、当日を迎えてしまった。

しかし、それが仇となるのは、このときは知る由もなかった・・・。

貸切列車の幹事特権ともいえる、上信電鉄本社2階からのトレインビュー。

上信電鉄の車両はもちろんJRの車両も望むことができる。

奇しくも手前側に元西武車の150形と500形が並び、奥側にJRから譲渡された107系電車が並んでいる。

ある意味西武とJRが対峙しているかのようにも見えましたw

特に150形に関しては、譲渡された107系電車に追い出されるであろう運命ですからね。

(この写真は幹事特権および上信電鉄様の軌道内立ち入り規定のもとに従って撮影)

ということで、準備の間にちょちょいと撮影したものがこちら。

左側が今回使う元西武801系の150形第二編成、右側が元西武401系のの150形第一編成である。

冗談で(冗談とは言っていない)上信電鉄様に「できれば高崎の車庫で150形の第一編成を並べてくれれば助かります~。」なんて言ったんですけど、現地に到着した瞬間。

う そ だ ろ

って思いましたね。本当に。まさか、本当に並べてくれるなんて思っていなかったんですもの。

準備している傍らではありますけれども、本当にテンションが上がりました。

希望通りにしていただくために、上信電鉄様もうまいこと運用を調整していただいたものと思われます。本当に感謝感謝の雨あられです。

この時点でいつもなら例の伝統芸能を披露するんですけれども、純鉄道界隈の方も見ていらっしゃるので、今回は自粛します。はい。

(この写真は幹事特権および上信電鉄様の軌道内立ち入り規定のもとに従って撮影)

往路の仕様にしたもの(とここでは考えていた)を撮影してみた図がこちら。(若干ボケてしまった・・・)

ふーたろ君作成の50周年種別板(元はくめがわ電車図書館開館50周年を記念にして作られたもの)とわいがデザインした50周年ヘッドマークを合わせるとなかなか様になりますねー。

しかし、ここで一つ悲報が・・・。

走行中のヘッドマーク装着はご遠慮願いたい

とのお知らせが・・・。

こちらとしても、固定のために紐とか結束バンドは持ってきていたので、少し粘ってみたものの、走行中のヘッドマーク装着は結局断念することに。

腑に落ちない点があるといえばあるのですが、無用なことで駄々をこねるわけにもいきません。ましてや、準備の時間は限られていますので・・・。

そして、車内の掲示物の準備を終え、作成した幕の挿入を試みるが、ここでも悲報が・・・。

作成した幕が入らない

これは想定外でした。隙間を利用して、するりと入っていく姿をイメージしていましたが、幕の中の構造物が邪魔をして、そのイメージ通りにはいきませんでした。

乗務していただく車掌さん(以前の勉強会でも乗務されているので、一応知り合いのカテゴリーには入ります)にも手伝っていただきましたが、それでもだめでした。

さらに、方向幕が劣化していることもあり、下手にいじると破れるというリスクもあることから、結局幕を入れることについても断念する羽目になりました。

なお、これは余談ですが、行程の途中で師匠にも手伝ってもらったものの、それでもお手上げでした・・・。

これに関していえば・・・

現地に赴いて事前の下見をしておくべきだった。

これにつきます。下見していれば、何らかの対策は講じれたはずですから・・・。

ときに楽観視は、仇となることがありますが、まさにこれですね。これは反省点の一つといってもいいと思います。

この時すでに二大絶望の宣告を下されてはいますが、その間にも参加者は集まってきているので、手を休めることはできません。

できる限りの準備をして、受付も開始し、時折受付の手伝いもしつつ、団体臨時電車発車15分前に乗車するホームへと移動。

そして、団体臨時電車の入線を待ちます。

そして、団体臨時電車の入線。幹事の一人であるふーたろ君が作った回送種別板を掲出しての入線である。

わいは今回幹事側というのもあって、監視もかねて遠くからの撮影となったので、こんな感じとなったがご容赦いただければ。

後ろからですけど、撮影している参加者の後ろ姿も撮らせていただきました。

そして、発車まで監視および乗務員室のマイクを握って案内放送などをしてたので、結構ドタバタであった。

10:32に定刻通り発車。発車後すぐにマイクを握ってのご挨拶や案内放送・幹事一同の挨拶などをした。結構長い間マイクを握っていたので、右手がちょっと疲れてしまったが、なんとか長い放送をこなすことができた。

仕事柄放送は経験あるのだが、かなり長い時間放送するのは初めてで思った以上に疲れてしまったw

その後は、車内を巡回したり、乗務員室にひきこもってたりしてた。そして、師匠に記念写真を撮ってもらったりしてた。

そうこうしているうちに、電車はとある駅に到着した。

上州福島にて十数分の停車。ここで、種別板を変えるだけではあるがミニ撮影会が実施された。

ここでも、監視の傍らちょこまか写真を撮影した。

そして、種別板が快速急行を模した「祝10周年」というものになっていた。

えっ? タイトルは【SEIBU801F&JOSHIN153F 50TH ANNIVERSARY TRAIN ~上信153編成(元西武801編成)製造50周年記念列車~】じゃないの? って思われたみなさん。後で種明かしはしますので、しばしお待ちあれ。

構内踏切からの正面顔を撮ってみた図。

やっぱり元西武車両はかっこいい。

そして、車掌さんから紹介された保守用車。普段は下仁田か高崎に常駐していることが多く、上州福島にいるのはかなり珍しいとのことである。

そして、影ってしまってはいるが、下仁田側の先頭車も撮影。本来はヘッドマーク装着しながらの走行であったが、前述の通りの事情で断念せざるを得なかった。

ダブルパンタを上げている姿もなかなかかっこいい。

そして、こっちはやはり快速急行を模した「祝 50th Anniversary」の種別板を掲出している。てか、さっき説明したよねw

さて、ここでさっきの10周年種別板の正体を明かしたい。

これは、今回の団体貸切列車の企画に参加しており、かつ宣伝のほうまでしていただいたフォロワーのTOMOさんの所有物である。

ちなみに、2014年の秋にTOMOさんのブログの開設10周年を記念して団体貸切列車を走らせる際に作られたもので、その団体貸切列車に使用された車両が、実は今回使用している車両とまったく一緒であった。なお、当時諸般の事情により高崎方の車両に当該種別板をつけられなかった事情から、今回ようやく実現に至ったのだそう。

まさか、こんなところで以前やった団体貸切列車でできなかったことが実現できるなんて思ってもいなかった次第である。

上州福島停車中の車内の一コマ。下仁田側には、弁当などが食べられるように一部テーブルスペースを設けた。

そして、作った「臨時」幕が、実際の幕に挿入できず、寂しく放置されていたw

ちなみに、この編成はシートモケットが朱色系で統一されており、まるでかつて西武鉄道で走っていた101系191編成を思い出させるような感じになっていた。(西武時代は茶色だった)

そして、上州福島で披露されたふーたろ君作の創作種別板「拝島快速」を掲げた姿を撮影。

その後、電車に乗りこんで案内などをした。

上州福島発車後は、放送によるもろもろのご案内をした後ほどなくして次の停車駅である上州富岡に到着する。

ここで、弁当注文者に対して、弁当の引き渡しをした。まずは、わいも引き渡しの手伝いをした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!